一番大切な、本当に伝えたいこと・・・・・・・・・・・

 

くらしと家具 HOLM230

 

インテリアショップスタッフ I です。

 

2/4(土)、5(日)の2日間

 

飛騨の代表作品 『 ロッキングチェア 』の組立実演。

 

現役の職人さんがお二方こされて、お客様の前で組立実演を行った。

 

最後の1脚 ぜひスタッフの方に組んでみて欲しいと職人さんたっての要望で

 

私がご指導のもと組立を行った。

 

 

 

 

 

 

ぴったりの穴に脚をはめて本気で叩く!!

 

天然木 無垢の木 見ているだけなら簡単に組み立ててるなぁって思えるが、実際に組み立ててみると

 

合わせるだけでも精一杯。

 

叩いてはめる この当たり前の作業がとてつもなく難しく感じた。

 

脚をはめる向きも 木の目を見て(板目を外に、正目を内に)、より真っ直ぐ上から叩く。

 

少しでもずれて叩けば商品が曲がる。傷がつく。

 

 

 

細い線と線を組み合わせては叩く。

 

組んでは叩く、組んでは叩く。一本一本 木の木目を見てはあわせる。

 

一本一本 本気で叩く。

 

一度叩いてはめた箇所は もうちょっとやそっとじゃあ外れない。

 

組むこと1時間・・・・・・ やっと組み立てが終わる。

 

 

普段はデザイン、見た目や座り心地、このロッキングチェアをお部屋にあわせた

 

コーディネートだけしかお客様に伝えられていなかったことを痛感した。

 

こんなに、細かいところまで見て、こんなに大変な作業をこつこつと当たり前に行い、

 

しっかりとした強い商品として職人さんが仕上げて届けてくれていたことを伝えきれて

 

いなかった。

 

確かに、よい商品を作るってこと自体が当たり前のこのなのかもしれない。

 

しかし、その当たり前のところにも、ここまでこだわって作っているのかと感心させられる

 

ことだらけだった。

 

これからも、このロッキングチェアを 自信を持ってお勧めできる、していこうと心から思えた。

 

すばらしい体験を有難うございました。

 

HOLM230 FUCHUTENJIKAN スタッフ I より

 

 

 

↓↓↓

⇒    にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
       にほんブログ村  

⇒  にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ

    にほんブログ村

   ⇒ 広島ブログ
   ↑↑↑↑
   ↑↑クリックして応援よろしくお願いしますm(_ _)m↑↑

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL